チャンピックスを使ってたばこを簡単にやめる

吸われるタバコ

たばこをやめることは吸い始めてからの期間が長いほど、また吸い続けてきたたばこの本数が多いほど難しく、その難易度は麻薬や覚醒剤をやめるのと同程度といわれています。
これは、たばこをやめてからしばらく経った頃にあらわれる禁断症状の辛さが大きな理由ですが、禁煙を成功させるためにはこの症状を乗り越えなければならないのもまた事実です。
禁煙補助薬は、この禁断症状を緩和させつつ禁煙に導くための薬として開発されたもので、近年はチャンピックスと呼ばれる薬が最も有力だとして多くの医療機関で処方されています。

チャンピックスの有効成分はバレニクリンという物質です。
たばこがやめられないのは、吸うことによって強い快楽が得られるためですが、これは喫煙によって体内に取り込まれたニコチンが脳内にあるレセプターと結合したときに大量に放出されるドーパミンのはたらきによるものであることがわかっています。
バレニクリンは血流にのって脳に到達すると、まず自身がニコチン受容体と結合してニコチンがレセプターと結びつくことを不可能にさせます。
これは、喫煙による快感を抑制する効果をもたらします。

また、単にニコチンを遮断するだけだと、単純にたばこをやめたときと同様に強い禁断症状と喫煙の欲求で苦しむ可能性がありますが、バレニクリンにはこれらを抑える効果があるので心配は不要です。
これは、バレニクリン自身もニコチン受容体と結合してドーパミンの放出を促す作用があるためで、放出量はニコチンと結合した場合の半分程度なので禁煙の試みが妨げられることはありません。

チャンピックスが日本で発売されたのは2008年5月ですが、薬剤にニコチンが全く含まれていないことや、従来の禁煙補助薬より高い効果を持つことなどから、今日では医療機関で禁煙を試みる者に禁煙補助薬を処方するときに最初に選択されることが大変多くなっています。
基本的には指定された服用方法を守っていれば特に問題が起こることはありませんが、人によっては嘔気や不眠症、頭痛、便秘などといった副作用が生じることがあります。
副作用の症状がでた場合は、チャンピックスを処方してもらった医師のもとへ行って相談し、適切な処置を受けましょう。

チャンピックスの服用方法と保険適用の紹介

チャンピックスの大きな特徴の一つは服用方法が独特であることです。
チャンピックスは、飲み始めてから最初の3日間は0.5mgの錠剤を1日1回食後に服用し、4日目から7日目までは朝食後と夕食後の2回、0.5mg錠を1つ服用します。
8日目になると朝夕の食後2回に服用するのは前日までと一緒ですが、飲む錠剤は1.0mgのものに変わります。
以後は途中で投与量が増えることはありません。
チャンピックスはシートに服用方法と錠剤を飲む順序が記載されているので、必ずそれにしたがって服用するようにしましょう。

なお、チャンピックスを使用した禁煙治療では、たばこを完全にやめるのは服用をはじめてから8日目で、最初の1週間は喫煙をしていても良いとされています。
ただし、7日目までの時点でたばこを吸っても満足感が得られなくなっていたら、その時点で禁煙を始めても全く問題はありません。

医療機関での禁煙治療は2006年4月から健康保険の適用対象となっています。
チャンピックスの錠剤の価格は決して安いとはいえませんが、健康保険を適用することができれば金銭面の負担をかなり減らすことができるでしょう。
ただし、保険が適用されるのは治療をはじめてから12週目までで、この期間内に禁煙に成功できない場合は13週目以降は自費で治療を継続することになります。

健康保険を利用して治療を受けるためには、ニコチン依存症のスクリーニングテストで点数が5点以上、ブリンクマン指数が200以上であることと、禁煙を開始する強い意志を持った状態で禁煙治療を受けるのに同意していることの2つを満たさなければなりません。
また、既に禁煙治療を経験したことがある人は、前回の治療における初診日から1年以上が経過していることも条件となっており、満たしていない場合は保険が適用されず自費診療となります。