ニコレットは正しく使えばたばこをやめられる

悪い影響に与える肺

たばこをやめると決意したものの、続かないといった人は少なくありません。
色んな市販薬や病院での治療等情報は沢山あるものの、失敗している人は多いです。
ニコレットという言葉を喫煙者なら一度は耳にしたことがあると思いますが、このニコレットを使って禁煙するためには正しく使う必要があるという事はご存知でしょうか。
今回はこのニコレットの正しい使い方と、その効果についてご紹介します。
まず、ニコレットはたばこに含まれるニコチンを喫煙以外の方法で置換してニコチン離脱症状を軽減させながら、生活習慣を改善させる事で徐々に禁煙に導くものです。
その際に徐々にニコチンの摂取量を減らしていくことによって、たばこを吸わない生活に慣れていくことができます。
副作用もない為、大変効率とコスパの良いものなのです。
ニコレットでたばこをやめる事に失敗したという方は使用方法を誤っていたのかもしれません。
ニコレットは正しい使い方をする事でその効果を発揮します。
噛み方一つで、効果を感じることが出来るかもしれないのです。
上記で説明した通り、ニコレットはニコチン摂取を置換して徐々に量を減らし、禁煙に導いていきます。
ガムタイプを服用する場合は離脱症状が出た時点でガムを噛むので、自分のペースで進めて行く事が可能です。
パッチタイプのものもありますが、それと違い自分のペースで、意思でコントロール出来るという点は、大きなメリットと言えるでしょう。
また、どこでも買い求めやすい点もメリットのひとつです。
指定第二類医薬品の為、全国のドラッグストア、薬局、薬店など、身近なお店で買うことが出来ます。
加えて、味も一種類だけではなく色んな味があるので、飽きる事が無く快適に禁煙に挑めるという事もメリットとして挙げられます。
この様に、デメリットが無いのがこのニコレットの力です。
ニコレットの凄さを理解して頂いたところで、今度はニコレットの効果を最大限に引き出せる噛み方をご紹介していきます。
正しい使用方法で正しい禁煙をする為に必要な事をまとめますので、これを機に禁煙に興味を持って頂ければ幸いです。

ニコレットの効果を最大限に出る噛み方とは?

ニコレットの実力はお分かり頂けたかと思いますが、どんな武器も正しい使い方をしなければただのガラクタに近いものになってしまいます。
先述した様に、ニコレットは噛み方一つで効果が得られなくなってしまいますが、残念ながら多くの方はそれをご存知ありません。
そこで次に正しい噛み方を説明していきます。
まず、ガムといえば口に入れてから直ぐに、早く噛んでしまう方が殆どかと思います。
しかし、ニコレットの効果を得るためには、ゆっくりと噛む必要があります。
ゆっくりと噛んでいると、徐々にピリッとした味を感じ始めることでしょう。
それまでに恐らく15回程度噛んでいるかと思いますが、服用し始めた頃は味が強く感じる事もあるので、そこに至るまでの噛む回数を舐めたりすることで調整すると良いかもしれません。
ピリッとした味を感じたら、噛む事をやめて頬と歯茎の間にしばらく置きます。
そのまま味が無くなるまでそうしている必要がありますが、味が無くなるまではおよそ一分程度かそれ以上かかります。
その手順を30分ほど繰り返したら、そこでようやくガムを捨てます。
時間はかかりますが、実はこれだけの手順なのです。
口に入れたまま繰り返すだけなので、とても簡単に続けることが出来ます。
ポイントとしてはゆっくり噛む事、それだけです。
ニコチンは口内の粘膜から吸収されていきますので、早く噛むと唾液が出すぎて口内粘膜からの吸収が低下し、ニコレットの効果が薄れる事が多々あります。
失敗している人の原因の殆どがここにあると言っても過言ではありません。
普段のガムとは違ってゆっくりと、断続的に噛むようにしてください。
そして時間をかけてそれを繰り返すことが大切です。
そうする事でニコチン置換の部分において確実に効果が出ますので、逆に言えばそれだけを守って使用すれば禁煙への近道になります。
そして何事においてもそうですが、継続する事が大事です。
正しい使い方を理解して、副作用なく快適な禁煙ライフを手に入れてください。