禁煙に成功した人しか体験出来ない禁煙の効果

タバコとライター

禁煙は単純に喫煙習慣が止まるというだけではなく、喫煙によって生じていた様々な悪影響を止める事ができるというメリットがあります。
それらのメリットは禁煙に成功した人が共通して感じる、日常生活や健康面での効果として現れる事です。

例えば、食事を美味しく感じられるというのは禁煙の効果として有名な事の1つです。
また、呼吸にたばこの匂いが混じりにくくなるのも効果としてよく挙げられます。
肌が綺麗になるというのも、見逃せない効果の1つです。
こうした小さな出来事は人によって様々な形で現れますが、より大きなメリットとして健康上の効果は注目に値します。

たばことガンの関係は、科学的に証明されている事実です。
喫煙本数が多い方や喫煙経験が長い方ほど、ガンにかかりやすい事はデータによって裏付けられています。
お酒が好きな方の中にはたばこを吸いながら飲むという方も居られますが、この場合は喫煙単体よりも更にガンにかかりやすくなります。

ガンを避けられるというメリットは、禁煙の効果が最も重要な形で体験できる効果です。
禁煙でガンのリスクを減らす事は一朝一夕には出ませんが、長期的効果は明確です。
長年の禁煙に成功した方は、たばこを全く吸わない方とほぼ同等までガンのリスクを抑える事ができます。

平均寿命が長くなっている中、生涯重い病気を患わずに生活できる事は禁煙の大きなメリットです。
また、たばこの無い生活は家族に受動喫煙をさせる事もなくなるので、家族がガンで苦しむリスクを減らせるといった事もメリットになります。
自分だけでなく家族全員が健康で生涯を幸せに暮らせるというのは、年を経る毎に体験できる何よりの効果です。

禁煙で体験できる事は、比較的早期に体験できる食事の楽しさや呼吸の改善、肌の改善といったものだけにとどまりません。
長く健康に暮らせるという、充実した人生を支える大きなメリットがあります。
始めたその日からメリットがあり、長い目で見てもメリットがあるというように、禁煙成功は大きな魅力を持っています。

禁煙が早めに成功するほど身体へのメリットも大きい

現在、喫煙習慣のある方は健康に問題が出てから止めれば良いと思っておられるかもしれません。
しかし、禁煙は早めに成功するに越した事はありません。
禁煙が身体へのメリットが大きいのは事実ですが、ガンのリスク低減という最大のメリットを得るには長期間の禁煙を成功させる必要があるからです。

禁煙によるガンのリスクは禁煙を始めたその日から大きく下がる訳ではなく、長年かけて少しずつ下がっていきます。
例えば20代の方の場合は、すぐに禁煙を始めれば年を取ってからガンのリスクが少なく、またそれ以前にも働き盛りで収入が多い時期に病気を患ってしまうというリスクが少なくなるでしょう。
30代や40代の方でも、年を取った時に病気で苦しい思いをせずに済むというメリットがあります。
これらのように、禁煙は早めに実施して成功させる方がメリットが大きくなります。

50代や60代といった高齢の方でも、比較的短い禁煙年数で得られるメリットは大きなものです。
例えば、1年程度で肺機能が改善してきて、日常的な活動や運動が楽になってくるでしょう。
更に、早ければ2年程度で心臓の病気のリスクが低減します。
10年程度で咽頭や肺のガンのリスクが大きく減り、20年続ければ口腔ガンのリスクは喫煙していない方と同等になります。

ただし、重要なのは禁煙を成功させる事です。
長期間たばこを吸っていない状態を続ける事が重要であり、気分によって吸ったり吸わなかったりといった状態であれば、これは禁煙という事にはならず身体へのメリットも少ないものになるでしょう。
喫煙習慣が長いほど、また喫煙の本数が多いほどたばこに強く依存している事になります。
喫煙経験が短く、喫煙本数が少ない内に始めたほうが早く禁煙しやすくなります。