たばこをやめるには目標を持って行ないましょう!

たくさんのタバコ

辞めたいと思ってもなかなかやめられずに悩んでいる人も多いと思われるたばこの喫煙ですが、本当にやめたいのであれば目標を持って辞めないことに早めることは難しいと言えます。
自分の健康はもちろん、家族の健康のことを考えても何とか辞めたいと思っている人も少なくないと思われます。
ここはひとつ本気で禁煙に取り組んでみるためにもどうすれば良いのでしょうか。
そこで、たばこが体にどんな悪影響があるのか、たばこをやめるためにはどんな目標を持つのが良いのかについてじっくり考えてみましょう。

たばこが含む有害物質について

たばこをやめる目標を考える前に、まずはたばこに含まれる有害物質にはどんな成分が含まれているかを考えてみましょう。
たばこに含まれる有害物質として考えられるのはニコチンやタールだけと思っている人も多いのではないでしょうか。
もちろんニコチンやタールも含まれているのですがそれ以外にも様々な有害物質が含まれているとされています。
たばこに含まれる化学物質は約4000種類ほどとされていますが、その中で有害物質は200種類にも及ぶと言われています。
有害物質の中で有名なのが前述した血圧をあげて心臓に負担をかけるニコチンやタール、心臓や脳の働きに負担をかける一酸化炭素があります。
その他にもアセトンやヒ素、カドミウムなども含まれており、これらの成分はペンキ除去剤やアリの駆除剤、車のバッテリーなどに使用されるもので、人間の体内に入れば有害な物質であるのは間違いありません。

特に、ニコチンは有害物質の中でも強い依存性があることが問題となっています。
たばこを吸うと、緊張していた気持ちが和らいでリラックスできる、ほっとするという喫煙者は多いと思われますが、これはニコチン依存症によるものです。
実際には本当にリラックスできているわけではありません。
体内のニコチン量が減ったことでイライラしたり不安になるのをたばこを吸うことによってニコチンが補充され、結果的に落ち着くだけであり、本当の意味でリラックスできているわけではないとされています。

ニコチン以外にも、コーヒーや糖分など依存性の高い物質はありますが、その中でも群を抜いて依存性が高いとされているのがニコチンです。
場合によってはヘロインやコカインなどの麻薬よりも依存性が高いと言われている説もあり、やめようと思っていても使用を中止するのが難しく、一時やめたとしてもまた再度喫煙してしまうことも多いとされています。
たばこをやめようと思ってもなかなかやめられないのは、ニコチンによる依存が非常に大きく影響していることが考えられます。

そのため、本気でタバコをやめようと考えているのであれば途中で再会しないようにするためにもしっかりと目標を立てて禁煙し、たばこをやめようとする方向にもっていくしかないと言えるでしょう。
では、タバコをやめるためにはどのような目標を立てていくのが良いのでしょうか。

たばこをやめる際におすすめの目標とは?

たばこをやめるためにはどんな目標を立てればよいのかというのは人それぞれかもしれませんが、やめるためにできるおすすめの目標があればぜひ知りたいと思う人は多いのではないでしょうか。
体に悪意影響があることや、副流煙によって家族やほかの人に迷惑を変えてしまうことは十分に承知していても、それでもやめられなくて悩んでいる人が多い中で、どんな目標を立てればやめることが出来るか気になるところです。

たばこをやめる場合に多い方法として、通常なら毎日人は吸っていたのを本数を減らすことで徐々に禁煙していくという人がいますが、これはあまりおすすめできない方法と言えます。
なぜなら、吸っている限りはずっとニコチン依存にあるままですので本数を減らしたところでやめられないなら意味がないからです。
加えて、禁煙を始めた場合にそれを維持しなければなりませんが、やっぱり途中で耐え切れずに吸ってしまうのでは元も子もないでしょう。

そのことから考えると、禁煙を始めた最初はまずすぐにできそうな目標から立てていくのがおすすめです。
まずは今日一日吸わないようにしようと考えてみて、1日禁煙できたとしたら、また翌日も挑戦してみて禁煙し、翌日もまた禁煙してみるなど、少しずつ目標を伸ばしていってみるのもよいでしょう。
最終的には吸わなくても生活できるようにするのを目標に頑張ってみるのはいかがでしょうか。

その他に考えられるおすすめの目標としては、たばこをやめるためには、まず目標意識の高さを保つことが大切です。
たばこをやめなければできないようなこと、やめた際に自分へのご褒美として何かを購入するなど、禁煙できた時の未来設計図やその先に待っている楽しいことに向かって進んでいくという目標を持つことが大切だと言えます。
たとえばペットを飼うにしても子供を持つにしてもたばこを吸うことをやめなければ始めることはできない場合が多く、女性の場合はダイエットや美容、美肌を保つためにはたばこを吸うことは大敵です。

「たばこをやめればこれだけ楽しいことが待っている、目指すものができる」ということを意識しながら禁煙していくのが良いと言えます。
そして、「たばこをやめる」という目標だけでなく、何かほかにも目標を立ててたばこをやめることと合わせてその他のことで目指せる目標があるといいでしょう。
たばこをやめることだけを目標とせず、その他にもまた目指す先があればまた更なる目標に向かって突き進むことが出来るのではないでしょうか。
その他の目標に向かっていたらいつの間にかたばこをやめていたという結果になるように、まずは自分に沿った目標を立ててみることをおすすめします。

たばこをやめてもまた吸う人の共通点

禁煙に成功する人と成功しない人がいますが、その差にはどんなことが考えられるのでしょうか。
タバコをやめてもまた吸う人の共通点で考えられることは、「失敗を恐れてしまうこと」です。
たばこをやめてから3日間吸わないでいられたのに4日目でつい我慢できずに吸ってしまったという場合です。
また翌日から頑張ればいいのですが、また再開したことにショックを受けて「どうせ自分にはやめられない」とたばこをまた始めてしまう人が多いのではないかと思われます。
喫煙を再開したからといって何か罰則があるわけではないので、一度の失敗にとらわれることなく、にまた禁煙を始める意識を高く持つことが大切と言えます。

あとは、禁煙に失敗したことややめられない理由について、つい言い訳をしてしまう人もたばこをやめてもまた吸う人の共通点の一つと言えます。
飲み会があって周りの人が吸っていたのでついつられて吸ってしまった、たばこを吸えるような環境に行ったから、いつもの習慣で喫煙所に立ち寄ってつい吸ったなどもありがちです。
あるいは自分は今までもやめられなかったから絶対にやめることはできない、と最初からあきらめてしまっていてはたばこをやめられるわけがありません。
禁煙を継続することもできないでしょう。

たばこをやめるには、どんなに周りや家族から無謀だ、無理だと言われていも絶対にやめると自分で確信しない限りはやめることが出来ないと言えます。
逆に、どんなに無謀で時間がかかったとしても絶対にやめると思っていればいつかはやめることが出来るのではないでしょうか。
本当にやめることを考えているのであれば、自分は本当にたばこから離れるという意識を持たなければ絶対にやめることが出来ないと言えます。

時間がかかったとしても、本当に本人にやる気があれば禁煙することはできると言えますので、最初からあきらめることなく最後までその意志を貫くことを目標にして禁煙することをお酢飯ます。
そして、たとえ禁煙に失敗したとしてもまたそこで吸うようにならずにまた一から禁煙を始めるつもりで努めていればいつか必ず禁煙できると言えるでしょう。
後はたばこをやめるかどうかはあなた自身の本気度がどれくらいなのかにかかっていますので、これから先の未来のことも考えて本気で禁煙に取り組んでみることをおすすめします。

関連記事
ニコレットはジェネリックのニコテックスを買うのが得
タバコを吸う人

喫煙の習慣を長く続けている人は、たばこが健康に悪いと理解していながらもなかなか止められずに吸い続ける傾向にあります。ただしたばこは喫煙者本人だけでなく、周囲にいる家族や友人にも有害な煙により害を及ぼし...


ニコレットは正しく使えばたばこをやめられる
悪い影響に与える肺

たばこをやめると決意したものの、続かないといった人は少なくありません。色んな市販薬や病院での治療等情報は沢山あるものの、失敗している人は多いです。ニコレットという言葉を喫煙者なら一度は耳にしたことがあ...


チャンピックスを使ってたばこを簡単にやめる
吸われるタバコ

たばこをやめることは吸い始めてからの期間が長いほど、また吸い続けてきたたばこの本数が多いほど難しく、その難易度は麻薬や覚醒剤をやめるのと同程度といわれています。これは、たばこをやめてからしばらく経った...